今さら聞けないインシデント管理

インシデント管理は、一般的にはあまり知られていないIT言語です。これは、サービスを利用している顧客が、何かの理由が起こりその業務を遂行できないことになった時に、管理を委ねている組織にその問題を特定してもらい、早急に解決をしてもらうための行動です。インシデント管理をする側は、引き続きスムーズに顧客が業務を進められるように、支援を行うことを目的としています。 これはIT運用管理においてのプロセスのひとつで、業者が依頼を受けてITシステムの構築した後、メンテナンスとしての項目にこれらが組み込まれていることもあります。実際にシステムを組んだ業者だと業務不可能となった原因を突き止めるノウハウを持っていたり、過去の同じような事例からの経験を駆使して、問題解決が早まることも多いのです。業務でネットを介するとインシデント管理が必要なシチュエーションも多いです。

インシデント管理が業務をスムーズにします

ネットを最大限に使えないと業務にも支障が出てきます。ネットを介しての仕組みがすでに構築されているのに、効率よく情報を扱う業務が行えない場合などに、インシデント管理が必要となってきます。その原因も様々あるでしょうが、よくあることとして、膨大な情報の整理がきちんとされていないことがあります。この場合には、各データを効率よくスムーズに提供できるような最適化が、インシデント管理としては必要でしょう。膨大なデータの整理となると、外注などを発注することにもなるかもしれません。他にもインターネットの対応する時間速度が遅い場合にも、スムーズに業務が遂行できないことも多く、これも有効活用が進まないことになります。このように業務が行えない原因を探り出して、一刻も早く解決へと導くのがインシデント管理の役目です。

専門業者に依頼するインシデント管理もあります

インシデント管理には問題解決のための高度なIT技術力が、どうしても必要となります。そのため、自分や自社でするよりも、専門業者に依頼をする方が良いときもあります。顧客にとってはネットシステムを介して最適に業務が完遂できないことは、長引けば長引くほど業績に大きく関わってきますので、すぐにでも解決をしなければならない問題です。そのためのインシデント管理なのですが、原因がシステム上の不具合である場合もあれば、インストールされているソフトや機器との互換性が原因の場合もあります。システムが複雑で解決には高度な技術が要される時には、インシデント管理はその専門業者に依頼をする方が良い場合もありますので、事前に必要な時に管理を任せる業者が間に入っていることが多いです。一刻も早い問題究明には、専門業者による管理の方が返って安心なのです。